宮城に中古一戸建てがあるのだけれど、ほとんど使わなくなったので売ろうとした場合、どういったことに気をつけて売れば良いのでしょう。

売る側からすれば、少しでも有利に売りたいと考え、売却希望額を相場よりも多めに言いがちです。

しかし、それが適正価格でなかったらいつまでたっても売れません。

ですから適正相場で買主をスムーズに見つけることが大切です。

適正価格で売りに出したとしても、いかにしてこの家を選んでもらうかということも考えていくようにします。

宮城でも、中古一戸建ての物件は結構高値がついています。

このあたりに物件があれば、すぐに売れるだろうと思いがちですが、そうとは限りません。

いまある家を売るのですから、買う側は「中古一戸建ての物件」を買おうと見に来ます。

ほとんど使っていなかったのなら、換気をしていないと湿っぽいでしょうし、ホコリなんかも溜まっているはずです。

もしその物件を見学したいという人がいれば、来てもらうまでに一度きれいに掃除をしておきます。

玄関は特に重要で、玄関が汚い家は中も汚いのではないかと思われるので注意してください。

人と会う時もそうですが、第一印象はとても重要ですね。

家もそうなのです。

見に来た人が、「中古一戸建てと言っても明るいし、きれい」と思ってくれれば期待できます。

買いたいからと見に来た人が、ここなら安心して住めそうと思ってくれるよう、掃除をしておくことと、どこか傷んでいるところがあれば直しておくことが大切です。